PICK UP!

<

>

UNISON SQUARE GARDEN

LIVE REPORT

CIDER ROADを駆け抜けていくようなスリリングな感覚

来年には武道館ワンマンも決定! ユニゾンのツアー“Catcher In The Spy”より、思い出の地でもある東京・中野でのファイナル公演をレポート

TEXT BY 長谷川 誠 / PHOTOGRAPHY BY Yoshika Horita

0

記事を読む

恋する円盤

INTERVIEW

音楽をやっていくっていうのは、自分の中では青春

昨年のサマソニにも出演を果たした男女ツイン・ボーカルの6人組、恋する円盤がミニ・アルバム『PASTEL』でデビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 金子厚武

0

記事を読む

NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)

INTERVIEW

ふたりで見た夢のドキュメント

青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニットの1stアルバム。少しのにごりもない。ただただ、美しい空気のみが流れている。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

0

記事を読む

TRICERATOPS

INTERVIEW

今までやってたレコーディング方法だと本領が発揮できない。だからそのへんの考え方から変えて始めました

4年3か月ぶりのアルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』をリリース。Disc2に収められたMr.Children桜井和寿と組んだバンド、Quattro Formaggiの楽曲「STAND BY ME」のことも併せて和田 唱が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ドレスコーズ(後編)

INTERVIEW

言うべきことはただひとつ、“Don't Trust Ryohei Shima”

ドレスコーズ・志磨遼平のロング・インタビュー後編は、今作『1』をどのように、どんな思いで制作したのか、一曲一曲じっくりと聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の動画連載<第五回の客人は、志磨遼平>

好評公開中!! 今月のお客様は、志磨遼平(ドレスコーズ)。【これまでの客人=向井秀徳/浜野謙太/竹原ピストル/環ROY】。

0

記事を読む

ドレスコーズ(前編)

INTERVIEW

僕はまだバンドをやっているつもりなんですよね

なぜ志磨はひとりにならなければならなかったのか? 自ら招いた逆境をバネにして創作を続ける志磨遼平のすごみに触れる。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

怒髪天

INTERVIEW

いろんなことに対して“まあ、いいか”って思えるんじゃない?(笑)

4月に発売された『男呼盛“紅”』、通称“紅盤”と対になる“白盤”、『歌乃誉“白”』が完成。2014年の暮れ、結成30周年記念を締め括る増子直純に話を聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

THE BAWDIES

INTERVIEW

今作は本当の意味で自分たちの力を発揮できたと思う

結成10周年&デビュー5周年のアニバーサリー・イヤーの締め括りに届いた、アルバム『Boys!』。バンドが今、手にしているものとは何か、ROYに聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

N’夙川BOYS

INTERVIEW

自分たちのタイミング的に“やっぱりバンドやな!”って言いたかった

最高にハッピーになれるアルバム『Do you like Rock‘n’Roll !?』が完成。この作品が素晴らしすぎる! というわけで上京した彼らにインタビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

plenty

INTERVIEW

“俺はどんな覚悟で歌うんだ?”っていう

新ドラマーが加入しあらあたな一歩を踏み出した。『空から降る一億の星』のリリースを迎えた3人が語る、plentyの今とこれから。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

古市コータロー×浅田信一

INTERVIEW

俺がいいっていうよりみんながいいっていうほうが絶対いいと思った

19年振りにソロ・アルバム『Heartbreaker』をリリースした古市コータローと、そのアルバムをプロデュースした浅田信一とのトーク・セッションをお送りする。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ヒトリエ

INTERVIEW

かっこいいものって、そこに意志があるものだと思う

待望の1stフル・アルバム『WONDER and WONDER』。今作が完成するまでに起こった様々な出来事を話してくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 柴 那典

0

記事を読む

KNOCK OUT MONKEY

INTERVIEW

俺たちのロックの本質の部分をこの曲で確認できた気がする

今夏2ヵ月連続のシングル・リリースも話題となった彼らの最新作「How long?」。KOMの好テンションぶりも発揮し、勢いを増す彼らに話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン

0

記事を読む

The Shower Club

SPECIAL

サイトウ“JxJx”ジュン+川上洋平+ROYによるスペシャル・ユニット!

スペースシャワーTV開局25周年を記念し、サイトウ“JxJx”ジュン、川上洋平、ROYによるスペシャル・ユニットが誕生!

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子 / PHOTOGRAPHY BY 関 信行(go relax E more)

0

記事を読む

清 竜人25

INTERVIEW

男ひとりに女子6人の一夫多妻制ユニットが誕生!

清 竜人が結婚、それも6人と……!? 彼の才能は底知らず! このユニットとして2度目のライブを終えた直後の7人にインタビューを敢行した。

INTERVIEW & TEXT BY 青木 優

0

記事を読む

映画『日々ロック』TALK SESSION

SPECIAL

11月22日全国公開映画『日々ロック』のスペシャル座談会を敢行!!

映画『日々ロック』からスペシャル座談会を。音楽プロデューサーいしわたり淳治、出演の黒猫チェルシー岡本啓佑、The SALOVERS古舘佑太郎が集合。

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ 【鼎談写真】PHOTOGRAPHY BY 関信行(go relax E more)【劇中写真】©2014「日々ロック」製作委員会 ©榎屋克優/集英社

0

記事を読む

NEWTOWN

ALBUM

FOLKS

NEWTOWN

キューンミュージック

2014.02.12 release

すべてを持ち合わせたブライテスト・ホープ from 北海道

TEXT BY 奥村明裕

0

 2013年1月に結成されたばかりの、北海道発の5人組バンド──それだけの前情報でプレイ・ボタンを押してみる。スピーカーからオープニングの「Everything is Alone」が流れ出すと、天から降り注ぐように音の粒子がまたたき、しなやかでファットなリズムがすぐさま思考と身体を掌握する……これは、なかなか、いや、かなりイイ! まだメンバー全員が20代前半で、本作が1stアルバムということがにわかに信じられないくらい、とにかく音楽性/アレンジメントの完成度が異様に高くて、シンセ/同期を組み込んだプロダクションはパッション・ピットやマムフォード・アンド・サンズなどUSインディ・ロックの最先端と共振する手触りが感じられるし、同時にジェイムス・ブレイク以降のダブ・ステップ的アプローチが取り入れられていたりもして。で、アーティスト写真を見てみると、全員がスタイリッシュで端正なイケメン……もう前途洋々すぎて、なんかちょっと、いや、だいぶ悔しいです!

 屈折したジェラシーは抑えてバンド・プロフィールを紹介しておくと、彼らFOLKS(フォークス)は今も地元・北海道恵庭市在住で、中心人物の名は岩井郁人(vo、g)……そう、以前Galileo Galileiのギタリストとして活躍した人物で、脱退以降は実兄である岩井豪利(g、vo)や幼馴染みとともにこのFOLKSを結成。昨年夏には“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO”への出演を果たし(500組以上の一般公募枠から選出!)、晴れてキューンミュージックと契約。満を持して放たれるのが、このデビュー・ミニ・アルバム『NEWTOWN』だ(ちなみにミックス&マスタリングは益子樹/ROVO、DUB SQUAD、ASLNが担当)。前述した海外との共振性のみならず、全編日本語詞による、郁人と豪利によるシティポップ風のリリカルなボーカル・ラインも大きな魅力。どの要素もどこかからの借りものではなく、きっちり自分たちの土壌で培養/発芽されたものであるから、とてもナチュラルで、気品のようなものを伴って鳴り響いている。いや、本当に計り知れないポテンシャルを持った連中だと思う。

 デビュー以降も5人は地元・恵庭に腰を据えてバンド活動を行っていくという。ある意味隔絶された場所で純粋培養されるクリエイティブから、どんなサウンドが生み出されていくのか――。イチ音楽ファンとして、今から楽しみでならない。