PICK UP!

<

>

古川本舗

INTERVIEW

今の自分に出せるものはなんだろう

自身のセルフ・プロジェクトとして始めた“古川本舗”のニュー・アルバム『Hail against the barn door』。今作に込められた彼の思いに触れる。

INTERVIEW & TEXT BY 小貫信昭

0

記事を読む

the pillows

INTERVIEW

アルバム『ムーンダスト』について、山中さわおが今の気持ちを真摯に語る。超ロング・インタビュー&結成25周年記念ライブのレポートを。

INTERVIEW & TEXT BY  麦倉正樹

0

記事を読む

グッドモーニングアメリカ

INTERVIEW

生活の中で書いたアルバム

メジャー2枚目となるニュー・アルバム『inトーキョーシティ』は金廣真悟(vo、g)の日常を切り取った言葉が散りばめられた一枚だ。

INTERVIEW & TEXT BY 岡本 明

0

記事を読む

tofubeats

INTERVIEW

自分の音楽が聴いてる人のネジのような存在になったら

10月2日(トーフの日)にメジャー1stフル・アルバム『First Album』をリリースしたtofubeatsの素顔に迫る。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

The Mirraz

INTERVIEW

自分のことよりも、聴いてくれる人のことを考えながら作ってた

“全部シングル曲のクオリティにしたい”というところから制作をスタートさせた新作『OPPORTUNITY』について畠山が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

0

記事を読む

SAKANAMON

INTERVIEW

作っていた楽曲の、よりすぐりのナンバー1からナンバー6までを結集した

前作『INSUROCK』からまた振り切った感のあるミニ・アルバム『ARIKANASHIKA』が発表された。個性際立つソング・ライター藤森元生が登場!

INTERVIEW & TEXT BY  長谷川誠

0

記事を読む

THE NOVEMBERS

INTERVIEW

美しいか美しくないか、それだけ

“美しいか美しくないか”を軸に制作されたTHE NOVEMBERSのニュー・アルバム『Rhapsody in beauty』を小林祐介が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 山口智男

0

記事を読む

syrup16g

LIVE REPORT

syrup16g“再発”の瞬間を観た

突然の解散から6年。再始動したsyrup16g東名阪ツアーのうち、9月22日に行われた東京公演を、編集部員&ライター・三宅正一氏それぞれの目線でレポートする。

TEXT BY 熊谷 綾(1ページ目)、三宅正一(2ページ目) / PHOTOGRAPHY BY 古溪一道

0

記事を読む

Analogfish

INTERVIEW

センターラインはどこにある

Analogfishのニュー・アルバム『最近のぼくら』に描かれているのは、もしかすると、あなたの日常なのかもしれない。

INTERVIEW & TEXT BY 小野島 大

0

記事を読む

Glider

INTERVIEW

Gliderが表現しようとしている青さ

これぞグッド・サウンド、グッド・ソング。“青さ”をテーマに完成した1stアルバム『Glide & Slide』について全員に聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

Diggy-MO'

LIVE REPORT

再びゼロからのカウント・アップ、Diggy-MO'の終わらない旅が今始まった

7月にSOUL'd OUTを解散した彼が早くもソロとして始動。10月1日、渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた<Diggy-MO’ LIVE 2014“DIG IT”>の模様を。

TEXT BY 宮本英夫 PHOTOGRAPHY BY藤巻祐介

0

記事を読む

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の動画連載<第三回の客人は、竹原ピストル>

アルバム『BEST BOUT』をメジャー・リリースする竹原ピストルが、「松の間」に客人として登場!! スペシャル映像も公開!!

0

記事を読む

クリープハイプ

LIVE REPORT

“彼らは自分たちの目標を越えて、次のレベルに辿り着こうとしている”

初のホール・ツアー“八枚目でやっと!九枚目でもっと!”が9月17・18日のNHKホールでファイナルを迎えた。その模様をレポートする。

TEXT BY 河口義一(WHAT's IN? WEB)/PHOTOGRAPHY BY 神藤 剛 

0

記事を読む

フレデリック

INTERVIEW

今の音楽シーンの中に、まだ見てない面白いものがあるんだよって伝えたい想いがあった

自分たちの“躍る”を、独創的なサウンドを持ってあらたに提示するミニ・アルバム『ooddloop』でメジャー・デビューを果たす彼らが本誌初登場!

INTERVIEW & TEXT BY  土屋恵介

0

記事を読む

赤い公園

INTERVIEW

“残りの半分は本気”だよ。悪い男だなあ(笑)

亀田誠治、蔦谷好位置、蓮沼執太、そしてKREVAまで! ニュー・アルバム『猛烈リトミック』について津野&佐藤にインタビュー。

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子

0

記事を読む

ねごと

INTERVIEW

今は“勝負したい”という気持ちもあるし、歌詞も振り切ってみたいなって

バンドの好テンションっぷりが伝わってくるシングル「アンモナイト!/黄昏ラプソディ」について、フロントマン、蒼山幸子に話を聞く──。

INTERVIEW & TEXT BY  森朋之

0

記事を読む

横山 健

INTERVIEW

世の中狂ってるから考えようよって伝えたい

Hi-STANDARDのメンバーとして一時代を築き上げ、現在は精力的にソロ活動を続ける横山 健の“生き様”を捉えた貴重なドキュメント。

INTERVIEW & TEXT BY 奥村明裕

0

記事を読む

サンタマリア

SINGLE

米津玄師

サンタマリア

ユニバーサル シグマ

2013.05.29 release

限定予約生産 <CD+絵本> ※UM STORE限定販売
初回盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>

膨張していくポジティブなエネルギー。天才、再び。

TEXT BY 冨田明宏

0

 以前、有名な某作曲家が筆者からのインタビューの中で、「俺の学生時代に“ニコニコ動画”があったら、どんなに幸せだったか。見ず知らずの他人に自分の作った曲を聴かせる方法なんて、俺の時代は“プロ”になる以外方法はなかったんだから」と笑顔で憤っていたが、誰もがクリエイターとして、不特定多数の人間相手に自由自在に音楽表現活動が行える幸福な現代においても、天才というヤツはわかりやすいほど爆発的にズバ抜けてしまうものである。天才と一口に言うと印象はライトだが、この超絶的才能は天才以外の何者でもないし、このメロディと物語が投げかけるメッセージの、あまりに美しい“光”を前にしてしまえば、この瞬間、この時代において、彼ほどの表現者は存在しないのではないか? というゾクゾクとした興奮にすら包まれてしまう。こんな経験は久しぶりかもしれない。

 彼の名は米津玄師。ボカロP名は“ハチ”。動画共有サイトにおける動画再生回数は2000万回以上。作詞、作曲、編曲、演奏、プログラミングに留まらず、自らが動画のイラストやアニメーションまで手がけてしまうという驚異的な才能の持ち主として知られる。約1年前にリリースされたオリジナル・アルバム『diorama』はオリコン週間チャート6位獲得、その後もロング・セールスを記録。同作では歌唱も自らが務めた。“人”対“人”によるコミュニケーションの困難さをナイーブに、しかし挑戦的にメッセージとして投げかけ、“光”を見つけようと苦悩する自らの心象風景をドラマチックに描き出した『diorama』。しかし今回のシングル「サンタマリア」で、彼は探していた“光”の欠片を見つけたように感じる。それは、これまでは完全なる自作自演により表現活動を行なっていた彼が、はじめて大勢のミュージシャンと共に本作を作り上げたことも、無関係ではないのではないか。繊細なプログラミング、温もりに満ち満ちたバンド・アンサンブル、天壌から降り注ぐようなストリングスの調べ、そしてストレートな米津の歌。自作自演だけでは成し遂げられない、ポジティブなエネルギーが膨張し拡散していくようなこのサウンド・スケープは、“人”対“人”からしか生み出せないもの。それが彼にとっての“光”だったかどうかはわからないけれど、この力強さ、多幸感は尋常ではない。

 飽食の時代に、時代を語る言葉を持った、ホンモノのポップ・ミュージックによる感動がここにはある。それみたことか、音楽も、まだまだ捨てたもんじゃない。