PICK UP!

<

>

UNISON SQUARE GARDEN

LIVE REPORT

CIDER ROADを駆け抜けていくようなスリリングな感覚

来年には武道館ワンマンも決定! ユニゾンのツアー“Catcher In The Spy”より、思い出の地でもある東京・中野でのファイナル公演をレポート

TEXT BY 長谷川 誠 / PHOTOGRAPHY BY Yoshika Horita

0

記事を読む

恋する円盤

INTERVIEW

音楽をやっていくっていうのは、自分の中では青春

昨年のサマソニにも出演を果たした男女ツイン・ボーカルの6人組、恋する円盤がミニ・アルバム『PASTEL』でデビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 金子厚武

0

記事を読む

NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)

INTERVIEW

ふたりで見た夢のドキュメント

青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニットの1stアルバム。少しのにごりもない。ただただ、美しい空気のみが流れている。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

0

記事を読む

TRICERATOPS

INTERVIEW

今までやってたレコーディング方法だと本領が発揮できない。だからそのへんの考え方から変えて始めました

4年3か月ぶりのアルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』をリリース。Disc2に収められたMr.Children桜井和寿と組んだバンド、Quattro Formaggiの楽曲「STAND BY ME」のことも併せて和田 唱が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ドレスコーズ(後編)

INTERVIEW

言うべきことはただひとつ、“Don't Trust Ryohei Shima”

ドレスコーズ・志磨遼平のロング・インタビュー後編は、今作『1』をどのように、どんな思いで制作したのか、一曲一曲じっくりと聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の動画連載<第五回の客人は、志磨遼平>

好評公開中!! 今月のお客様は、志磨遼平(ドレスコーズ)。【これまでの客人=向井秀徳/浜野謙太/竹原ピストル/環ROY】。

0

記事を読む

ドレスコーズ(前編)

INTERVIEW

僕はまだバンドをやっているつもりなんですよね

なぜ志磨はひとりにならなければならなかったのか? 自ら招いた逆境をバネにして創作を続ける志磨遼平のすごみに触れる。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

怒髪天

INTERVIEW

いろんなことに対して“まあ、いいか”って思えるんじゃない?(笑)

4月に発売された『男呼盛“紅”』、通称“紅盤”と対になる“白盤”、『歌乃誉“白”』が完成。2014年の暮れ、結成30周年記念を締め括る増子直純に話を聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

THE BAWDIES

INTERVIEW

今作は本当の意味で自分たちの力を発揮できたと思う

結成10周年&デビュー5周年のアニバーサリー・イヤーの締め括りに届いた、アルバム『Boys!』。バンドが今、手にしているものとは何か、ROYに聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

N’夙川BOYS

INTERVIEW

自分たちのタイミング的に“やっぱりバンドやな!”って言いたかった

最高にハッピーになれるアルバム『Do you like Rock‘n’Roll !?』が完成。この作品が素晴らしすぎる! というわけで上京した彼らにインタビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

plenty

INTERVIEW

“俺はどんな覚悟で歌うんだ?”っていう

新ドラマーが加入しあらあたな一歩を踏み出した。『空から降る一億の星』のリリースを迎えた3人が語る、plentyの今とこれから。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

古市コータロー×浅田信一

INTERVIEW

俺がいいっていうよりみんながいいっていうほうが絶対いいと思った

19年振りにソロ・アルバム『Heartbreaker』をリリースした古市コータローと、そのアルバムをプロデュースした浅田信一とのトーク・セッションをお送りする。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ヒトリエ

INTERVIEW

かっこいいものって、そこに意志があるものだと思う

待望の1stフル・アルバム『WONDER and WONDER』。今作が完成するまでに起こった様々な出来事を話してくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 柴 那典

0

記事を読む

KNOCK OUT MONKEY

INTERVIEW

俺たちのロックの本質の部分をこの曲で確認できた気がする

今夏2ヵ月連続のシングル・リリースも話題となった彼らの最新作「How long?」。KOMの好テンションぶりも発揮し、勢いを増す彼らに話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン

0

記事を読む

The Shower Club

SPECIAL

サイトウ“JxJx”ジュン+川上洋平+ROYによるスペシャル・ユニット!

スペースシャワーTV開局25周年を記念し、サイトウ“JxJx”ジュン、川上洋平、ROYによるスペシャル・ユニットが誕生!

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子 / PHOTOGRAPHY BY 関 信行(go relax E more)

0

記事を読む

清 竜人25

INTERVIEW

男ひとりに女子6人の一夫多妻制ユニットが誕生!

清 竜人が結婚、それも6人と……!? 彼の才能は底知らず! このユニットとして2度目のライブを終えた直後の7人にインタビューを敢行した。

INTERVIEW & TEXT BY 青木 優

0

記事を読む

映画『日々ロック』TALK SESSION

SPECIAL

11月22日全国公開映画『日々ロック』のスペシャル座談会を敢行!!

映画『日々ロック』からスペシャル座談会を。音楽プロデューサーいしわたり淳治、出演の黒猫チェルシー岡本啓佑、The SALOVERS古舘佑太郎が集合。

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ 【鼎談写真】PHOTOGRAPHY BY 関信行(go relax E more)【劇中写真】©2014「日々ロック」製作委員会 ©榎屋克優/集英社

0

記事を読む

米津玄師

米津玄師が、初のシングル「サンタマリア」をリリースした。
昨年のアルバム『diorama』で、その鮮烈な美学を持った世界が大きな評価を集めた彼。元々ボカロP“ハチ”として脚光を浴び、その後に自らの歌声でデビュー作を作り上げた米津玄師にとって、「サンタマリア」はあらたなステップとなる一曲。真船勝博(b)、BOBO(ds)、ハタヤテツヤ(piano)といった面々がレコーディングに参加し、壮大な世界を作り上げている。
果たして、彼がめざしたものはなんだったのか。じっくりと語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 柴 那典

0

評価してくれる人が増えてくると、逆に孤独になっていく

——まず、去年のアルバム『diorama』は、相当やりきった感のあった作品だったと思うんですけれども。
そうですね。おっしゃるとおり、やりきった感はすごくありました。ボーカロイドで曲を作ってた頃につちかったものを、とりあえず全部そこに詰め込もうと思って作ったアルバムだったんで。

——そこから、次にどういうことをやろうというのがスタート地点にあったんですか?
あのアルバムが終わったあとに、なんか「やることやっちゃったな」「次どうしようかな」ってなったんですよ。だから、最初はぼけーっとしてたんです。で、そのうちに「そもそもなんで自分は音楽を作ってるんだろう?」と自分の思想みたいなものを改めて考える感じになって。で、やっていくうちに、ポジティブな、開けたものを作ろうと思ったんですよね。

——そこには紆余曲折ありました?
そうですね。ほんとにずっと考えるだけみたいな生活を送ってたんで。

——何ヵ月も?
そうですね。部屋でひとり考えては飯食って寝て、また考える。そんな生活をしていて。基本的にものすごくふさぎこみがちな何ヵ月間かだったんですけど。

——言ってしまえば、ボカロで作って曲を出して何百万回も再生された、自分の名前でアルバムを出したら評価された、というのが米津玄師さんのここまでの数年ですよね。「やった! 自分の音楽が認められた」ってなってもおかしくはないと思うんですけれども。でもそこで「そもそもなんで自分は音楽やってるんだろう?」というところに立ち戻ってしまった。それはどういう理由があったんだと思います?
曲を作って何百万回も再生されて、ありがたいことに自分のことが好きな人が増えていって。でも、評価してくれる人が増えてくると、逆に孤独になっていくんですよ。きっと、そういう経験をした人間はみんなそう感じると思います。だから、僕としては自然なことで。評価が大きくなって、自分の作ったものや人間性がいろんなところで受け入れられる。日本中に拡散していく。そうなっていくと、逆にどんどん孤独になっていく感覚がある。そうなると、改めてまた自分のことについて考えざるを得ない。『diorama』を作ったあと、そういう時期に入ったんだろうなと思います。

——そもそも、人から注目されたい、認められたい、そういう欲求から音楽を作ってきたような感覚はあります? 『diorama』っていうアルバムでは“わかり合えない”って言っていて。それがここまで届いてしまったっていうことに戸惑いのようなものもあったのかなと思うのですが。
自分が音楽とかそういうものを作る理由のひとつとして、認めてもらいたいという欲求は少なからずあったと思うんですね。それが満たされてしまって、自分の中の制作意欲の一部がちょっとしぼんでいっちゃう感覚が確かにあって。そういうのもありました。だから、「自分がなんで音楽作ってんだろ?」って考えざるを得ないっていうか。もう認められたし、作んなくてもいいんじゃねえかみたいなことを思ってしまうことがあったんですよ。その消極的な思考をどうにかしたいと考えた結果、開いていかなければいけないっていう。

次へ

1 2 3