PICK UP!

<

>

ドレスコーズ

LIVE REPORT

はじめまして、志磨遼平です

ひとりになったドレスコーズ・志磨遼平が“Don't Trust Ryohei Shima”で魅せた壮絶なエンターテインメントをレポート!

TEXT BY 志田 歩/PHOTOGRAPHY BY 森 好弘

0

記事を読む

BLUE ENCOUNT

INTERVIEW

この曲がバンドとしての世界をもっと変えてくれると思う

昨年メジャー・デビューを果たし、数々のフェス等での快進撃も話題の彼ら。1stシングル「もっと光を」にいたる、バンド葛藤の日々も含め話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン

0

記事を読む

椎名林檎

LIVE REPORT

最新の最高は今、ここにある

昨年末に開催された“椎名林檎アリーナツアー「林檎博'14 -年女の逆襲-」”のマリンメッセ福岡ファイナル公演からみる音楽家・椎名林檎。

TEXT BY 三宅正一 / PHOTOGRAPHY BY 荒井俊哉

0

記事を読む

黒木渚

INTERVIEW

証明できるのは自分しかいない

2015年のスタートにふさわしい、そして、ソロ・アーティスト黒木渚の決意をひしひしと感じるニュー・シングル「虎視眈々と淡々と」が完成。

INTERVIEW & TEXT BY 青木 優

0

記事を読む

RX-NIGHT Vol.6

LIVE REPORT

RX-RECORDS所属バンドが集合した年末恒例イベント

[Alexandros]やBIGMAMAらが所属するレーベルの恒例イベントをレポート!

TEXT BY 山口智男 PHOTOGRAPHY BY Azusa Takada

0

記事を読む

米津玄師

INTERVIEW

価値を見出すのは人間でしかない

自らをしっかりと見つめ歩み続ける米津玄師。彼から届く2015年最初のシングルは、“花でできた壁”。その意味を探る。

INTERVIEW & TEXT BY 宮本英夫

0

記事を読む

KNOCK OUT MONKEY

INTERVIEW

“とっ散らかってこそのKOMだな”と(笑)。自由にやったほうがいいやと

暴れまくり勝ち得た2014年のすべてをバンドの血肉にし、さらにたくましくなった彼らが放つ2ndフル・アルバム『Mr. Foundation』について聞く。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン

0

記事を読む

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の動画連載<第六回客人は、橋本 愛&蒼波 純>

好評公開中!! 今月のお客様は、松居監督映画『ワンダフルワールドエンド』から、女優の橋本 愛、蒼波 純のふたりが登場。

0

記事を読む

星野 源

LIVE REPORT

豊かな音楽性、くだらなさと親しみやすさを備えたエンターテインメント性

星野 源の横浜アリーナ2デイズ公演。弾き語り、バンドと各日スタイル違いで見せた、エンターテインメント性溢れる楽しいステージ。その2日間の模様。

TEXT BY 森朋之 PHOTOGRAPHY BY 三浦知也、五十嵐一晴

0

記事を読む

石崎ひゅーい

LIVE REPORT

数少ない友達のクリープが出てくれて、素晴らしい一日にもうなってる

石崎ひゅーいの対バン・ツアーのファイナル公演、赤坂BLITZに迎えたゲストは、クリープハイプ。両者の心揺さぶるパフォーマンスをレポートする。

TEXT BY 森 朋之 PHOTOGRAPHY BY 上飯坂 一

0

記事を読む

UNISON SQUARE GARDEN

LIVE REPORT

CIDER ROADを駆け抜けていくようなスリリングな感覚

来年には武道館ワンマンも決定! ユニゾンのツアー“Catcher In The Spy”より、思い出の地でもある東京・中野でのファイナル公演をレポート

TEXT BY 長谷川 誠 / PHOTOGRAPHY BY Yoshika Horita

0

記事を読む

恋する円盤

INTERVIEW

音楽をやっていくっていうのは、自分の中では青春

昨年のサマソニにも出演を果たした男女ツイン・ボーカルの6人組、恋する円盤がミニ・アルバム『PASTEL』でデビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 金子厚武

0

記事を読む

NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)

INTERVIEW

ふたりで見た夢のドキュメント

青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニットの1stアルバム。少しのにごりもない。ただただ、美しい空気のみが流れている。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

0

記事を読む

TRICERATOPS

INTERVIEW

今までやってたレコーディング方法だと本領が発揮できない。だからそのへんの考え方から変えて始めました

4年3か月ぶりのアルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』をリリース。Disc2に収められたMr.Children桜井和寿と組んだバンド、Quattro Formaggiの楽曲「STAND BY ME」のことも併せて和田 唱が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ドレスコーズ(後編)

INTERVIEW

言うべきことはただひとつ、“Don't Trust Ryohei Shima”

ドレスコーズ・志磨遼平のロング・インタビュー後編は、今作『1』をどのように、どんな思いで制作したのか、一曲一曲じっくりと聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

ドレスコーズ(前編)

INTERVIEW

僕はまだバンドをやっているつもりなんですよね

なぜ志磨はひとりにならなければならなかったのか? 自ら招いた逆境をバネにして創作を続ける志磨遼平のすごみに触れる。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

怒髪天

INTERVIEW

いろんなことに対して“まあ、いいか”って思えるんじゃない?(笑)

4月に発売された『男呼盛“紅”』、通称“紅盤”と対になる“白盤”、『歌乃誉“白”』が完成。2014年の暮れ、結成30周年記念を締め括る増子直純に話を聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

米津玄師

米津玄師が、初のシングル「サンタマリア」をリリースした。
昨年のアルバム『diorama』で、その鮮烈な美学を持った世界が大きな評価を集めた彼。元々ボカロP“ハチ”として脚光を浴び、その後に自らの歌声でデビュー作を作り上げた米津玄師にとって、「サンタマリア」はあらたなステップとなる一曲。真船勝博(b)、BOBO(ds)、ハタヤテツヤ(piano)といった面々がレコーディングに参加し、壮大な世界を作り上げている。
果たして、彼がめざしたものはなんだったのか。じっくりと語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 柴 那典

0

評価してくれる人が増えてくると、逆に孤独になっていく

——まず、去年のアルバム『diorama』は、相当やりきった感のあった作品だったと思うんですけれども。
そうですね。おっしゃるとおり、やりきった感はすごくありました。ボーカロイドで曲を作ってた頃につちかったものを、とりあえず全部そこに詰め込もうと思って作ったアルバムだったんで。

——そこから、次にどういうことをやろうというのがスタート地点にあったんですか?
あのアルバムが終わったあとに、なんか「やることやっちゃったな」「次どうしようかな」ってなったんですよ。だから、最初はぼけーっとしてたんです。で、そのうちに「そもそもなんで自分は音楽を作ってるんだろう?」と自分の思想みたいなものを改めて考える感じになって。で、やっていくうちに、ポジティブな、開けたものを作ろうと思ったんですよね。

——そこには紆余曲折ありました?
そうですね。ほんとにずっと考えるだけみたいな生活を送ってたんで。

——何ヵ月も?
そうですね。部屋でひとり考えては飯食って寝て、また考える。そんな生活をしていて。基本的にものすごくふさぎこみがちな何ヵ月間かだったんですけど。

——言ってしまえば、ボカロで作って曲を出して何百万回も再生された、自分の名前でアルバムを出したら評価された、というのが米津玄師さんのここまでの数年ですよね。「やった! 自分の音楽が認められた」ってなってもおかしくはないと思うんですけれども。でもそこで「そもそもなんで自分は音楽やってるんだろう?」というところに立ち戻ってしまった。それはどういう理由があったんだと思います?
曲を作って何百万回も再生されて、ありがたいことに自分のことが好きな人が増えていって。でも、評価してくれる人が増えてくると、逆に孤独になっていくんですよ。きっと、そういう経験をした人間はみんなそう感じると思います。だから、僕としては自然なことで。評価が大きくなって、自分の作ったものや人間性がいろんなところで受け入れられる。日本中に拡散していく。そうなっていくと、逆にどんどん孤独になっていく感覚がある。そうなると、改めてまた自分のことについて考えざるを得ない。『diorama』を作ったあと、そういう時期に入ったんだろうなと思います。

——そもそも、人から注目されたい、認められたい、そういう欲求から音楽を作ってきたような感覚はあります? 『diorama』っていうアルバムでは“わかり合えない”って言っていて。それがここまで届いてしまったっていうことに戸惑いのようなものもあったのかなと思うのですが。
自分が音楽とかそういうものを作る理由のひとつとして、認めてもらいたいという欲求は少なからずあったと思うんですね。それが満たされてしまって、自分の中の制作意欲の一部がちょっとしぼんでいっちゃう感覚が確かにあって。そういうのもありました。だから、「自分がなんで音楽作ってんだろ?」って考えざるを得ないっていうか。もう認められたし、作んなくてもいいんじゃねえかみたいなことを思ってしまうことがあったんですよ。その消極的な思考をどうにかしたいと考えた結果、開いていかなければいけないっていう。

次へ

1 2 3