PICK UP!

<

>

石崎ひゅーい

LIVE REPORT

数少ない友達のクリープが出てくれて、素晴らしい一日にもうなってる

石崎ひゅーいの対バン・ツアーのファイナル公演、赤坂BLITZに迎えたゲストは、クリープハイプ。両者の心揺さぶるパフォーマンスをレポートする。

TEXT BY 森 朋之 PHOTOGRAPHY BY 上飯坂 一

0

記事を読む

UNISON SQUARE GARDEN

LIVE REPORT

CIDER ROADを駆け抜けていくようなスリリングな感覚

来年には武道館ワンマンも決定! ユニゾンのツアー“Catcher In The Spy”より、思い出の地でもある東京・中野でのファイナル公演をレポート

TEXT BY 長谷川 誠 / PHOTOGRAPHY BY Yoshika Horita

0

記事を読む

恋する円盤

INTERVIEW

音楽をやっていくっていうのは、自分の中では青春

昨年のサマソニにも出演を果たした男女ツイン・ボーカルの6人組、恋する円盤がミニ・アルバム『PASTEL』でデビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 金子厚武

0

記事を読む

NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)

INTERVIEW

ふたりで見た夢のドキュメント

青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニットの1stアルバム。少しのにごりもない。ただただ、美しい空気のみが流れている。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

0

記事を読む

TRICERATOPS

INTERVIEW

今までやってたレコーディング方法だと本領が発揮できない。だからそのへんの考え方から変えて始めました

4年3か月ぶりのアルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』をリリース。Disc2に収められたMr.Children桜井和寿と組んだバンド、Quattro Formaggiの楽曲「STAND BY ME」のことも併せて和田 唱が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ドレスコーズ(後編)

INTERVIEW

言うべきことはただひとつ、“Don't Trust Ryohei Shima”

ドレスコーズ・志磨遼平のロング・インタビュー後編は、今作『1』をどのように、どんな思いで制作したのか、一曲一曲じっくりと聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の動画連載<第五回の客人は、志磨遼平>

好評公開中!! 今月のお客様は、志磨遼平(ドレスコーズ)。【これまでの客人=向井秀徳/浜野謙太/竹原ピストル/環ROY】。

0

記事を読む

ドレスコーズ(前編)

INTERVIEW

僕はまだバンドをやっているつもりなんですよね

なぜ志磨はひとりにならなければならなかったのか? 自ら招いた逆境をバネにして創作を続ける志磨遼平のすごみに触れる。

INTERVIEW & TEXT BY 志田 歩

0

記事を読む

怒髪天

INTERVIEW

いろんなことに対して“まあ、いいか”って思えるんじゃない?(笑)

4月に発売された『男呼盛“紅”』、通称“紅盤”と対になる“白盤”、『歌乃誉“白”』が完成。2014年の暮れ、結成30周年記念を締め括る増子直純に話を聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

THE BAWDIES

INTERVIEW

今作は本当の意味で自分たちの力を発揮できたと思う

結成10周年&デビュー5周年のアニバーサリー・イヤーの締め括りに届いた、アルバム『Boys!』。バンドが今、手にしているものとは何か、ROYに聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

N’夙川BOYS

INTERVIEW

自分たちのタイミング的に“やっぱりバンドやな!”って言いたかった

最高にハッピーになれるアルバム『Do you like Rock‘n’Roll !?』が完成。この作品が素晴らしすぎる! というわけで上京した彼らにインタビュー!

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

0

記事を読む

plenty

INTERVIEW

“俺はどんな覚悟で歌うんだ?”っていう

新ドラマーが加入しあらあたな一歩を踏み出した。『空から降る一億の星』のリリースを迎えた3人が語る、plentyの今とこれから。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

古市コータロー×浅田信一

INTERVIEW

俺がいいっていうよりみんながいいっていうほうが絶対いいと思った

19年振りにソロ・アルバム『Heartbreaker』をリリースした古市コータローと、そのアルバムをプロデュースした浅田信一とのトーク・セッションをお送りする。

INTERVIEW & TEXT BY 佐々木美夏

0

記事を読む

ヒトリエ

INTERVIEW

かっこいいものって、そこに意志があるものだと思う

待望の1stフル・アルバム『WONDER and WONDER』。今作が完成するまでに起こった様々な出来事を話してくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 柴 那典

0

記事を読む

KNOCK OUT MONKEY

INTERVIEW

俺たちのロックの本質の部分をこの曲で確認できた気がする

今夏2ヵ月連続のシングル・リリースも話題となった彼らの最新作「How long?」。KOMの好テンションぶりも発揮し、勢いを増す彼らに話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン

0

記事を読む

The Shower Club

SPECIAL

サイトウ“JxJx”ジュン+川上洋平+ROYによるスペシャル・ユニット!

スペースシャワーTV開局25周年を記念し、サイトウ“JxJx”ジュン、川上洋平、ROYによるスペシャル・ユニットが誕生!

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子 / PHOTOGRAPHY BY 関 信行(go relax E more)

0

記事を読む

清 竜人25

INTERVIEW

男ひとりに女子6人の一夫多妻制ユニットが誕生!

清 竜人が結婚、それも6人と……!? 彼の才能は底知らず! このユニットとして2度目のライブを終えた直後の7人にインタビューを敢行した。

INTERVIEW & TEXT BY 青木 優

0

記事を読む

MOVIE

MOVIEをもっと見る

WEEKLY RECOMMEND

観る人すべてを幸せにする“重婚奨励”アイドル・ユニット

SINGLE

清 竜人25

Will♡You♡Marry♡Me?

release

観る人すべてを幸せにする“重婚奨励”アイドル・ユニット

 まさかのアイドル・グループ結成。しかもオーディションで選ばれた6人全員が“清”姓の第一夫人から第六夫人で、自身もプロデューサー兼メンバーとして歌い踊るという、前代未聞の一夫多妻制アイドル・グループ。デビュー・シングルは6人の女の子が代わる代わ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 柴 那典

0

未踏の場所へと向かっていく決意が感じられる。

SINGLE

Mr.Children

足音 ~Be Strong

release

未踏の場所へと向かっていく決意が感じられる。

 なんとなくは想ってたけど、まだ言葉に変換できてなかった感情が、メロディとともに聴こえてきたとき、僕はその歌に感動する。でも、そもそも良い歌というのはそういうものだ。Mr.Childrenの新曲「足音 〜Be Strong」を聴いてたら、ふと、そんなことを思っ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小貫信昭

0

絶望的な世界に向けた、希望の歌 

MINI ALBUM

赤色のグリッター

世界は赤色

release

絶望的な世界に向けた、希望の歌 

 赤色のグリッターの佐藤リョウスケの歌には“どうしてもこれが伝えたい、歌わなくてはいられない”という切実な思いが確かに感じられる。それは吉田美和、aikoから増子直純、尾崎世界観まで、ジャンルに関係なく、優れたボーカリストに共通する力だ。  2ndミ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

到達点の向こう側を旅し続けるバンド

ALBUM

ACIDMAN

有と無

release

到達点の向こう側を旅し続けるバンド

 とてもスケールの大きな感動が鳴っている。心の奥底に踏み込むような音楽がアルバムとして結実している。聴き終わったときに、まるで一編の映画を観終わったかのような感触を覚えるアルバムだ。“生きている”とか“いつかは誰もが死んでしまう”とか、誰にとっ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 柴 那典

0

バブルと恋と岡村靖幸

SINGLE

岡村靖幸

彼氏になって優しくなって

release

バブルと恋と岡村靖幸

 改めて岡村靖幸の経歴を調べてみると、彼のデビューは1986年。私が生まれた頃に、そのキャリアをスタートさせている。昨今では、Base Ball Bearの小出祐介とのコラボ・シングルのリリースや、アニメの主題歌を手がけるなどして、岡村靖幸の全盛期を知らない...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小島双葉

0

帰ってきた賢者たち

ALBUM

FoZZtone

Return to Earth

release

帰ってきた賢者たち

 私が初めてFoZZtoneの音楽を聴いたのは、それこそ2012年リリースの「LOVE」だった。半端ないスケール(もう人類とかそういう単位)のダイナミズムを、ここまでスタイリッシュかつコンパクトにまとめるなんて、一体なんだこいつらは! そしてメンバーがイケ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小島双葉

0

つらいことにもちゃんと向き合いそれでも明日を探してる

ALBUM

田中茉裕

I’m Here

release

つらいことにもちゃんと向き合いそれでも明日を探してる

 ミニ・アルバム『小さなリンジー』を聴いたときは心が踊った。規範にとらわれない大きなメロディと、それまであまり聞いたことなかった、ビブラートがよりラウドな声の容積を引き出すかのような歌声、そして丹精なピアノの響きに魅了されたのだ(演奏が達者...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小貫信昭 

0

胸打つ鼓動の裏に隠された狙いとは 

SINGLE

Czecho No Republic

Oh Yeah!!!!!!!

release

胸打つ鼓動の裏に隠された狙いとは 

メジャー1stシングルはアニメ「ドラゴンボール改」のエンディング・テーマ。バンドにとって初のタイアップが武井優心の愛するアニメ主題歌だったという、幸福なコラボレーションが実現した一曲だ。インタビューによると『MANTLE』を作り終わった直後に話が舞...[ 続きを読む ]

TEXT BY 柴 那典

0

女という音楽家、椎名林檎による贅沢すぎる王道玉手箱

ALBUM

椎名林檎

日出処

release

女という音楽家、椎名林檎による贅沢すぎる王道玉手箱

 椎名林檎のニュー・アルバム『日出処』が完成した。オリジナル・アルバムとしては、前作『三文ゴシップ』から約5年半ぶり。その間に彼女は、音楽家として朝ドラ主題歌を筆頭とする数々の楽曲提供の依頼に応え、ゴージャスなライブ・パフォーマンスを披露し...[ 続きを読む ]

TEXT BY 早川加奈子

0

本気と書いてマージーと読む

ALBUM

夜の本気ダンス

DANCE TIME

release

本気と書いてマージーと読む

 音楽的には初期のthe telephonesとThe Mirrazから生まれた子供のように思えるキュウソネコカミがなぜ2010年代に成功したのかを考えると、それは“洋楽との断絶”がポイントであったように思う。ザ・ラプチャーやアークティック・モンキーズといったルーツに遡...[ 続きを読む ]

TEXT BY 金子厚武

0

歌詞とメロディが同時に産まれたかのような揺るぎなさ 

MINI ALBUM

plenty

空から降る一億の星

release

歌詞とメロディが同時に産まれたかのような揺るぎなさ 

 三度ほど通して聴いてみたが、聴くほどに良くなっていくのがわかった。一度目より二度目、二度目より三度目と、曲が備える“そうか、だからここはこんな歌詞でこんな演奏になっているんだな”という整合性や必然性が深く伝わってきた(早い話が“噛めば噛むほ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小貫信昭

0

生きるとは何か? 孤独とは何か?

EP

HOWL BE QUIET

BIRDCAGE.EP

release

生きるとは何か? 孤独とは何か?

 昨年12月に1stアルバム『DECEMBER』を発表。エモーショナルなギター・ロック・サウンドと“孤独の向こうにある希望”を描き出す竹縄航太(vo、g、piano)の歌によって注目を集めたHOWL BE QUIET。ほぼ1年ぶりとなる新作「BIRDCAGE.EP」で彼らは、これまでの作...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

あらたな音楽性を掴み取った、10年目の傑作

ALBUM

アンダーグラフ

やがて咲く花達へ

release

あらたな音楽性を掴み取った、10年目の傑作

 メジャー・デビュー曲「ツバサ」('04年)のヒットから約10年。このバンドはようやく、自分たちだけの音楽を掴み取った——そんな手ごたえがまっすぐに伝わってくる。  アンダーグラフのニュー・アルバム『やがて咲く花達へ』。'12年にギタリストの阿佐亮介...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

夕日の赤に染まったことのあるすべての人に降り注ぐ歌

ALBUM

amazarashi

夕日信仰ヒガシズム

release

夕日の赤に染まったことのあるすべての人に降り注ぐ歌

 地球に生きるすべての人間に一日は等しく24時間という単位で配られ、なおかつその一日は朝〜昼〜夕方〜夜という順序で繰り返されていく。この運行システム、なかなかうまくできているではないかと思ってしまったのは、amazarashiのニュー・アルバム『夕日信...[ 続きを読む ]

TEXT BY 長谷川誠

0

ロックとは緩急の美学である

ALBUM

MY FIRST STORY

虚言 NEUROSE

release

ロックとは緩急の美学である

 今月の猛打賞。脊髄反射必至のマシーナリーなビート感覚、硬く塗り固められたディストーションの壁、地割れの隙間を縫うように滑空するハイトーン・ボイス。また、それらを最大限に増強する、台風の目=つかの間の虹のような叙情性。過度なエフェクトに埋も...[ 続きを読む ]

TEXT BY 祭蓮しずか

0

純粋に音楽と向き合い、アート・ワークとしての精度を高める

ALBUM

サカナクション

さよならはエモーション/蓮の花

release

純粋に音楽と向き合い、アート・ワークとしての精度を高める

 言うまでもなくサカナクションは、現在の音楽シーンを代表するバンドだ。「アイデンティティ」「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」などのヒット曲を持ち、アルバム『sakanaction』はオリコンチャート1位を獲得、幕張メッセ2デイズ公演を成功させ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森朋之

0

2年ぶりに復活したチャットモンチーが4人体制で出発

SINGLE

チャットモンチー

こころとあたま/いたちごっこ

release

2年ぶりに復活したチャットモンチーが4人体制で出発

 3人でも2人でもなく、4人で復活。サポート・メンバーとしてドラムに恒岡章(Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、キーボード&ギターに下村亮介(the chef cooks me)を迎え、4人体制となったチャットモンチーの実に2年ぶりとなる、通算16枚目のシン...[ 続きを読む ]

TEXT BY 永堀アツオ

0

いわゆる“ゲス調”の魅力満載でありつつ、若干の変化も

ALBUM

ゲスの極み乙女。

魅力がすごいよ

release

いわゆる“ゲス調”の魅力満載でありつつ、若干の変化も

 フル・アルバムは今回が初めて。5曲目にインタールード的イントスが入る曲順となっていて、最後までダレずに聴けるまっとうな構成である。実は彼ら、結構多作、というか、昨年3月の『ドレスの脱ぎ方』含めミニ・アルバムをすでに3枚、計19曲を発表し、さら...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小貫信昭

0

“悲しくも美しい”だけじゃない世界を自覚するということ

ALBUM

ストレイテナー

Behind The Scene

release

“悲しくも美しい”だけじゃない世界を自覚するということ

 このアルバムの直近のシングルが「冬の太陽 / The World Record」だったことである程度、想像できたことなのだが、3年2ヵ月ぶりのオリジナル・フル・アルバムであるこのアルバムの、やり散らかし寸前の自由な現在地を潔くパッケージしたような生々しさはな...[ 続きを読む ]

TEXT BY 石角友香

0

石崎ひゅーい

LIVE REPORT

石崎ひゅーい

石崎ひゅーいの対バン・ツアーのファイナル公演、赤坂BLITZに迎えたゲストは、クリープハイプ。両者の心揺さぶるパフォーマンスをレポートする。

0

UNISON SQUARE GARDEN

LIVE REPORT

UNISON SQUARE GARDEN

来年には武道館ワンマンも決定! ユニゾンのツアー“Catcher In The Spy”より、思い出の地でもある東京・中野でのファイナル公演をレポート

0

恋する円盤

INTERVIEW

恋する円盤

昨年のサマソニにも出演を果たした男女ツイン・ボーカルの6人組、恋する円盤がミニ・アルバム『PASTEL』でデビュー!

0

NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)

INTERVIEW

NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)

青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニットの1stアルバム。少しのにごりもない。ただただ、美しい空気のみが流れている。

0

TRICERATOPS

INTERVIEW

TRICERATOPS

4年3か月ぶりのアルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』をリリース。Disc2に収められたMr.Children桜井和寿と組んだバンド、Quattro Formaggiの楽曲「STAND BY ME」のこと...

0

ドレスコーズ(後編)

INTERVIEW

ドレスコーズ(後編)

ドレスコーズ・志磨遼平のロング・インタビュー後編は、今作『1』をどのように、どんな思いで制作したのか、一曲一曲じっくりと聞いた。

0

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の松の間

好評公開中!! 今月のお客様は、志磨遼平(ドレスコーズ)。【これまでの客人=向井秀徳/浜野謙太/竹原ピストル/環ROY】。

0

ドレスコーズ(前編)

INTERVIEW

ドレスコーズ(前編)

なぜ志磨はひとりにならなければならなかったのか? 自ら招いた逆境をバネにして創作を続ける志磨遼平のすごみに触れる。

0

怒髪天

INTERVIEW

怒髪天

4月に発売された『男呼盛“紅”』、通称“紅盤”と対になる“白盤”、『歌乃誉“白”』が完成。2014年の暮れ、結成30周年記念を締め括る増子直純に話を聞く。

0

THE BAWDIES

INTERVIEW

THE BAWDIES

結成10周年&デビュー5周年のアニバーサリー・イヤーの締め括りに届いた、アルバム『Boys!』。バンドが今、手にしているものとは何か、ROYに聞く。

0

N’夙川BOYS

INTERVIEW

N’夙川BOYS

最高にハッピーになれるアルバム『Do you like Rock‘n’Roll !?』が完成。この作品が素晴らしすぎる! というわけで上京した彼らにインタビュー!

0

plenty

INTERVIEW

plenty

新ドラマーが加入しあらあたな一歩を踏み出した。『空から降る一億の星』のリリースを迎えた3人が語る、plentyの今とこれから。

0

古市コータロー×浅田信一

INTERVIEW

古市コータロー×浅田信一

19年振りにソロ・アルバム『Heartbreaker』をリリースした古市コータローと、そのアルバムをプロデュースした浅田信一とのトーク・セッションをお送りする。

0

ヒトリエ

INTERVIEW

ヒトリエ

待望の1stフル・アルバム『WONDER and WONDER』。今作が完成するまでに起こった様々な出来事を話してくれた。

0

KNOCK OUT MONKEY

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

今夏2ヵ月連続のシングル・リリースも話題となった彼らの最新作「How long?」。KOMの好テンションぶりも発揮し、勢いを増す彼らに話を聞いた。

0

The Shower Club

SPECIAL

The Shower Club

スペースシャワーTV開局25周年を記念し、サイトウ“JxJx”ジュン、川上洋平、ROYによるスペシャル・ユニットが誕生!

0

清 竜人25

INTERVIEW

清 竜人25

清 竜人が結婚、それも6人と……!? 彼の才能は底知らず! このユニットとして2度目のライブを終えた直後の7人にインタビューを敢行した。

0

特集をもっと見る