PICK UP!

<

>

グッドモーニングアメリカ

INTERVIEW

生活の中で書いたアルバム

メジャー2枚目となるニュー・アルバム『inトーキョーシティ』は金廣真悟(vo、g)の日常を切り取った言葉が散りばめられた一枚だ。

INTERVIEW & TEXT BY 岡本 明

0

記事を読む

tofubeats

INTERVIEW

自分の音楽が聴いてる人のネジのような存在になったら

10月2日(トーフの日)にメジャー1stフル・アルバム『First Album』をリリースしたtofubeatsの素顔に迫る。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

The Mirraz

INTERVIEW

自分のことよりも、聴いてくれる人のことを考えながら作ってた

“全部シングル曲のクオリティにしたい”というところから制作をスタートさせた新作『OPPORTUNITY』について畠山が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

0

記事を読む

SAKANAMON

INTERVIEW

作っていた楽曲の、よりすぐりのナンバー1からナンバー6までを結集した

前作『INSUROCK』からまた振り切った感のあるミニ・アルバム『ARIKANASHIKA』が発表された。個性際立つソング・ライター藤森元生が登場!

INTERVIEW & TEXT BY  長谷川誠

0

記事を読む

THE NOVEMBERS

INTERVIEW

美しいか美しくないか、それだけ

“美しいか美しくないか”を軸に制作されたTHE NOVEMBERSのニュー・アルバム『Rhapsody in beauty』を小林祐介が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 山口智男

0

記事を読む

syrup16g

LIVE REPORT

syrup16g“再発”の瞬間を観た

突然の解散から6年。再始動したsyrup16g東名阪ツアーのうち、9月22日に行われた東京公演を、編集部員&ライター・三宅正一氏それぞれの目線でレポートする。

TEXT BY 熊谷 綾(1ページ目)、三宅正一(2ページ目) / PHOTOGRAPHY BY 古溪一道

0

記事を読む

Analogfish

INTERVIEW

センターラインはどこにある

Analogfishのニュー・アルバム『最近のぼくら』に描かれているのは、もしかすると、あなたの日常なのかもしれない。

INTERVIEW & TEXT BY 小野島 大

0

記事を読む

Glider

INTERVIEW

Gliderが表現しようとしている青さ

これぞグッド・サウンド、グッド・ソング。“青さ”をテーマに完成した1stアルバム『Glide & Slide』について全員に聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

0

記事を読む

Diggy-MO'

LIVE REPORT

再びゼロからのカウント・アップ、Diggy-MO'の終わらない旅が今始まった

7月にSOUL'd OUTを解散した彼が早くもソロとして始動。10月1日、渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた<Diggy-MO’ LIVE 2014“DIG IT”>の模様を。

TEXT BY 宮本英夫 PHOTOGRAPHY BY藤巻祐介

0

記事を読む

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の動画連載<第三回の客人は、竹原ピストル>

アルバム『BEST BOUT』をメジャー・リリースする竹原ピストルが、「松の間」に客人として登場!! スペシャル映像も公開!!

0

記事を読む

クリープハイプ

LIVE REPORT

“彼らは自分たちの目標を越えて、次のレベルに辿り着こうとしている”

初のホール・ツアー“八枚目でやっと!九枚目でもっと!”が9月17・18日のNHKホールでファイナルを迎えた。その模様をレポートする。

TEXT BY 河口義一(WHAT's IN? WEB)/PHOTOGRAPHY BY 神藤 剛 

0

記事を読む

フレデリック

INTERVIEW

今の音楽シーンの中に、まだ見てない面白いものがあるんだよって伝えたい想いがあった

自分たちの“躍る”を、独創的なサウンドを持ってあらたに提示するミニ・アルバム『ooddloop』でメジャー・デビューを果たす彼らが本誌初登場!

INTERVIEW & TEXT BY  土屋恵介

0

記事を読む

赤い公園

INTERVIEW

“残りの半分は本気”だよ。悪い男だなあ(笑)

亀田誠治、蔦谷好位置、蓮沼執太、そしてKREVAまで! ニュー・アルバム『猛烈リトミック』について津野&佐藤にインタビュー。

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子

0

記事を読む

ねごと

INTERVIEW

今は“勝負したい”という気持ちもあるし、歌詞も振り切ってみたいなって

バンドの好テンションっぷりが伝わってくるシングル「アンモナイト!/黄昏ラプソディ」について、フロントマン、蒼山幸子に話を聞く──。

INTERVIEW & TEXT BY  森朋之

0

記事を読む

横山 健

INTERVIEW

世の中狂ってるから考えようよって伝えたい

Hi-STANDARDのメンバーとして一時代を築き上げ、現在は精力的にソロ活動を続ける横山 健の“生き様”を捉えた貴重なドキュメント。

INTERVIEW & TEXT BY 奥村明裕

0

記事を読む

つばき

INTERVIEW

変わり続けることで変わらない自分でいられる

祝、復活。活動休止を経て完成した待望のニュー・アルバム『真夜中の僕、フクロウと嘘』、そしてこの4年間について一色徳保が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 小野田 雄

0

記事を読む

the pillows

INTERVIEW

バンドというものを取り戻すには、the pillowsの中のロックンロールでいくしかない

決意もあらたに放たれるシングル「About A Rock'n'Roll Band」。結成から25年を経た今、山中さわおは何を思い、何を見つめているのか?

INTERVIEW & TEXT BY  麦倉正樹

0

記事を読む

MOVIE

MOVIEをもっと見る

WEEKLY RECOMMEND

世知辛い世の中で、ささやかな夢を見たい人たちへ

ALBUM

tofubeats

First Album

release

世知辛い世の中で、ささやかな夢を見たい人たちへ

 今年7月に、日本のラッパーKOHH(コウ)が発表したアルバム『MONOCHROME』は、ドラッグが身近にある環境などを正直に告白しながらも、「I'm Dreamin'」という曲では多くの人に響く普遍的な逡巡を吐露したりと、現在の日本が抱える一側面と雰囲気を表象する...[ 続きを読む ]

TEXT BY 近藤真弥

0

感性を麻痺させる相対化の真逆からの“問い”

ALBUM

THE NOVEMBERS

Rhapsody in beauty

release

感性を麻痺させる相対化の真逆からの“問い”

 正しい意味も知らずに”ラプソディ”という単語に何か優美さやエレジックなイメージを抱き続けてきた(ジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」しかり)が、実は”高揚した感情の表現”や”熱狂的発言”といった意味を持つことをこのアルバムタイ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 石角友香

0

主人公は誰だ?~What a Wonderful Opportunity

ALBUM

The Mirraz

OPPORTUNITY

release

主人公は誰だ?~What a Wonderful Opportunity

 本作のタイトルの由来となっている火星探査車の“オポチュニティ”が打ち上げられたのは2003年7月7日。未だ現役で、10年以上運用され続けているのに対し、ミイラズがメジャー・デビューを飾ったのは2012年10月3日なので、まだたったの2年ちょっとしか経ってい...[ 続きを読む ]

TEXT BY 金子厚武

0

新しい挑戦のスタート地点

SINGLE

SEKAI NO OWARI

Dragon Night

release

新しい挑戦のスタート地点

 映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』公開に、(台風で2日間の開催となってしまったが)野外ライブイベント“TOKYO FANTASY”の成功と、バンドの枠組みを超えて多方面な活躍を見せるSEKAI NO OWARI。すでにポップ・スターとして人気はしっかり浸透し、メディ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 柴 那典

0

夜の闇から陽の光がふりそそぐ眩い世界へ

MINI ALBUM

PLASTICZOOMS

SECRET POSTCARD

release

夜の闇から陽の光がふりそそぐ眩い世界へ

 振り返ってみれば、'83年に全米No.1ヒットになったマイケル・センベロのダンス・ポップ・ナンバー「マニアック」のカバー(3作目のアルバム『CRITICAL FACTOR』に収録)が布石だったわけだ。'09年にデビューしてから自らの美意識にこだわりながら音楽を中心...[ 続きを読む ]

TEXT BY 山口智男

0

豊かな音楽がもたらす圧倒的な多幸感

MINI ALBUM

或るミイ

サマタイム × サマタイム

release

豊かな音楽がもたらす圧倒的な多幸感

 川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。)、佐藤(きのこ帝国)、村松拓(Nothing's Carved In Stone)らがリコメンド・コメントを寄せている、“或るミイ”の6曲入りミニ・アルバム。昨年、新ボーカリストのタカハシツトムが加入。タカハシと田中裕貴(g...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

ポップ&ポジティブな王道ロック・バンド、関西から登場!

MINI ALBUM

ココロオークション

ヘッドフォンミュージック

release

ポップ&ポジティブな王道ロック・バンド、関西から登場!

 KANA-BOON、キュウソネコカミ、THE ORAL CIGARETTES、フレデリックといった個性的なバンドが次々と送り出している関西のバンド・シーンからまたひとつ、とてつもなく大きな可能性を持ったニューカマーが登場した。2011年から活動をスタートさせた3ピース・...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

一体になれる曲から考えさせられる曲までを見事に網羅

ALBUM

Analogfish

最近のぼくら

release

一体になれる曲から考えさせられる曲までを見事に網羅

『荒野 / On the Wild Side』『NEWCLEAR』、そして本作『最近のぼくら』と、徐々に作風の幅は広げつつ……、という印象だ。聴こえてくる音から想起される色彩も増えた。でもそれは、2011年という震災の年から今日まで人々の心の回復と歩を合わせたもの、という...[ 続きを読む ]

TEXT BY 小貫信昭

0

名曲を運命づけられた“VAMPSバラード”

SINGLE

VAMPS

VAMPIRE’S LOVE

release

名曲を運命づけられた“VAMPSバラード”

 最新鋭のヘビーロック、フックのあるメロデイを軸にした前作「GET AWAY / THE JOLLY ROGER」に続くニュー・シングル、その名も「VAMPIRE'S LOVE」が到着。映画「ドラキュラ ZERO」日本版のイメージソングに起用された表題曲は、壮大なストリングを交えたロ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

ストレートに歌い上げたトピカルなメッセージ

ALBUM

ソウル・フラワー・ユニオン

アンダーグラウンド・レイルロード

release

ストレートに歌い上げたトピカルなメッセージ

 音楽活動と社会活動が地続きになっていることや(そもそも彼ら自身にそういう区別はないかもしれないけれど)、ロックとそのルーツになっている様々な音楽を中心に、もちろん日本列島とその周辺も含め、世界各地のいわゆる辺境音楽にもアプローチしているロ...[ 続きを読む ]

TEXT BY 山口智男

0

よりパーソナルな表現を掘り下げた2ndアルバム

ALBUM

感傷ベクトル

君の嘘とタイトルロール

release

よりパーソナルな表現を掘り下げた2ndアルバム

 ボーカル、ギター、ピアノ、作詞、作曲、作画を担当する田口囁一と、ベースと脚本を担当する春川三咲によるユニットの2ndアルバム。音楽と漫画の二面性で世界観を作り上げる彼ららしく、曲ごとに丁寧な情景描写と、独白にも似た歌詞がこまやかに語られてい...[ 続きを読む ]

TEXT BY 岡本明

0

にっこり、ほっこり、アコースティックの豊かな世界

ALBUM

SPECIAL OTHERS ACOUSTIC

LIGHT

release

にっこり、ほっこり、アコースティックの豊かな世界

 キーボードをメロディオンとグロッケンシュピールに、エレクトリックギターをアコースティックとマンドリンに持ち替えて、リズムはウッドベースやカホーンを使用。SPECIAL OTHERS ACOUSTIC名義の“デビュー・アルバム”は、ジャム・バンドの濃密なグルーヴを...[ 続きを読む ]

TEXT BY 宮本英夫

0

人生が“鮮やく”瞬間を捉えたデビュー作。

MINI ALBUM

アザヤイタ

人は愛を唄う

release

人生が“鮮やく”瞬間を捉えたデビュー作。

 埼玉・川越市を中心に2013年から活動を続けている3ピース・バンド、アザヤイタの1stミニ・アルバム『人は愛を唄う』。1曲目の「azayaita」の“愛に満ちたこの世界のせいで 日々が鮮やいた”というフレーズがまず、強く心に残った。この曲のもっとも大事な部...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

タブラとU-zhaanの魅力が炸裂する初ソロ・アルバム

ALBUM

U-zhaan

Table Rock Mountain

release

タブラとU-zhaanの魅力が炸裂する初ソロ・アルバム

 先日、東京・六本木の老舗ジャズクラブ“ALFIE”でピアニストの丈青(SOIL&"PIMP"SESSIONS/J.A.M)とU-zhaanのデュオ・ライブを観に行ったのだが、至近距離で体感するU-zhaanのタブラ演奏は本当に素晴らしかった。10本の指と手のひら、拳を巧みに使い...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

女々しい空想が失恋を前向きに転化。物語的サヨナラソング

SINGLE

空想委員会

純愛、故に性悪説

release

女々しい空想が失恋を前向きに転化。物語的サヨナラソング

 今年6月、アルバム『種の起源』でメジャー・デビューを果たした、草食系文学ギター・ロック・バンド・空想委員会の1stシングル「純愛、故に性悪説」が完成。インパクトのある曲タイトルや、“君よ、不幸せであれ。”のコピーだけで興味を誘う今作で歌うのは...[ 続きを読む ]

TEXT BY フジジュン

0

自然体にして普遍的。さらなる飛躍を告げるニュー・シングル

SINGLE

SHISHAMO

量産型彼氏

release

自然体にして普遍的。さらなる飛躍を告げるニュー・シングル

 うわー、やっぱりカッコいいな、SHISHAMO! とひとりで呟いてしまった。ガレージ感たっぷりのロックンロール・サウンド、愛らしくて切ないメロディ・ライン、そして、“あいつが彼氏って、一体どういうこと? 別に僕でもいいんじゃない? あ、もしかして...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森 朋之

0

『GUITARHYTHM』から25年、布袋寅泰のあらたな旅

ALBUM

布袋寅泰

New Beginnings

release

『GUITARHYTHM』から25年、布袋寅泰のあらたな旅

 布袋寅泰による完全海外仕様のアルバム作品『New Beginnings』。15枚目のオリジナル・アルバムとなる本作は、“ギター・ミュージック”をキーワードに4人の敏腕プロデューサー、そしてボーカルにイギー・ポップや、ベースメント・ジャックス作品に参加したヴ...[ 続きを読む ]

TEXT BY ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

0

消えないルサンチマンを、2割の働きアリの気概で歌う

MINI ALBUM

SAKANAMON

ARIKANASHIKA

release

消えないルサンチマンを、2割の働きアリの気概で歌う

 2月に発表された2ndアルバム『INSUROCK』がオリコン初登場17位を記録し、過去の記録を大幅に更新したSAKANAMON。“文系ギター・ロック希望の星”がひとつの成果を示し、“大きな自信を手にしたのでは?”と思いきや、彼らは本作でも相変わらずルサンチマンを爆...[ 続きを読む ]

TEXT BY 金子厚武

0

これまで以上に生々しいリアリティを伴った作品

MINI ALBUM

Galileo Galilei

See More Glass

release

これまで以上に生々しいリアリティを伴った作品

 前作「ALARMS」に続き、ニューヨークを拠点に活動するポップ・バンド“POP ETC”のクリストファー・チュウとの共同プロデュースによるミニ・アルバム。タイトルの“See More Glass”はおそらく(というか、絶対的な確信を持って)、J.D.サリンジャーの小説に登...[ 続きを読む ]

TEXT BY 森朋之

0

グッドモーニングアメリカ

INTERVIEW

グッドモーニングアメリカ

メジャー2枚目となるニュー・アルバム『inトーキョーシティ』は金廣真悟(vo、g)の日常を切り取った言葉が散りばめられた一枚だ。

0

tofubeats

INTERVIEW

tofubeats

10月2日(トーフの日)にメジャー1stフル・アルバム『First Album』をリリースしたtofubeatsの素顔に迫る。

0

The Mirraz

INTERVIEW

The Mirraz

“全部シングル曲のクオリティにしたい”というところから制作をスタートさせた新作『OPPORTUNITY』について畠山が語る。

0

SAKANAMON

INTERVIEW

SAKANAMON

前作『INSUROCK』からまた振り切った感のあるミニ・アルバム『ARIKANASHIKA』が発表された。個性際立つソング・ライター藤森元生が登場!

0

THE NOVEMBERS

INTERVIEW

THE NOVEMBERS

“美しいか美しくないか”を軸に制作されたTHE NOVEMBERSのニュー・アルバム『Rhapsody in beauty』を小林祐介が語る。

0

syrup16g

LIVE REPORT

syrup16g

突然の解散から6年。再始動したsyrup16g東名阪ツアーのうち、9月22日に行われた東京公演を、編集部員&ライター・三宅正一氏それぞれの目線でレポートする。

0

Analogfish

INTERVIEW

Analogfish

Analogfishのニュー・アルバム『最近のぼくら』に描かれているのは、もしかすると、あなたの日常なのかもしれない。

0

Glider

INTERVIEW

Glider

これぞグッド・サウンド、グッド・ソング。“青さ”をテーマに完成した1stアルバム『Glide & Slide』について全員に聞いた。

0

Diggy-MO'

LIVE REPORT

Diggy-MO'

7月にSOUL'd OUTを解散した彼が早くもソロとして始動。10月1日、渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた<Diggy-MO’ LIVE 2014“DIG IT”>の模様を。

0

松居大悟の松の間

松の間

松居大悟の松の間

アルバム『BEST BOUT』をメジャー・リリースする竹原ピストルが、「松の間」に客人として登場!! スペシャル映像も公開!!

0

クリープハイプ

LIVE REPORT

クリープハイプ

初のホール・ツアー“八枚目でやっと!九枚目でもっと!”が9月17・18日のNHKホールでファイナルを迎えた。その模様をレポートする。

0

フレデリック

INTERVIEW

フレデリック

自分たちの“躍る”を、独創的なサウンドを持ってあらたに提示するミニ・アルバム『ooddloop』でメジャー・デビューを果たす彼らが本誌初登場!

0

赤い公園

INTERVIEW

赤い公園

亀田誠治、蔦谷好位置、蓮沼執太、そしてKREVAまで! ニュー・アルバム『猛烈リトミック』について津野&佐藤にインタビュー。

0

ねごと

INTERVIEW

ねごと

バンドの好テンションっぷりが伝わってくるシングル「アンモナイト!/黄昏ラプソディ」について、フロントマン、蒼山幸子に話を聞く──。

0

横山 健

INTERVIEW

横山 健

Hi-STANDARDのメンバーとして一時代を築き上げ、現在は精力的にソロ活動を続ける横山 健の“生き様”を捉えた貴重なドキュメント。

0

つばき

INTERVIEW

つばき

祝、復活。活動休止を経て完成した待望のニュー・アルバム『真夜中の僕、フクロウと嘘』、そしてこの4年間について一色徳保が語る。

0

the pillows

INTERVIEW

the pillows

決意もあらたに放たれるシングル「About A Rock'n'Roll Band」。結成から25年を経た今、山中さわおは何を思い、何を見つめているのか?

0

特集をもっと見る